カードローン おすすめ

MENU

プロミスのおすすめポイントを完全分析※最短即日融資の秘密

プロミスのおすすめポイント

 

プロミスのおすすめポイントは審査の最終段階である在籍確認の電話連絡を別の手段で回避する相談ができるという点です。


大手消費者金融のカードローンに限らず、銀行カードローンにおいても必ず審査の最終段階で行われるのが勤務先への在籍確認です。この在籍確認の為に行われる方法ですが原則「電話連絡による在籍確認」が一般的です。

 

カードローンによっては電話連絡なしで在籍確認するWEB完結なるサービスがありますが、その殆どは利用条件がつきもので限られた方しか利用することができません。電話での在籍確認が一般的である理由のひとつには確認するのに時間とコストがかからないからです。

 

 

電話による在籍確認といってもオペレーターが個人名で申込者の勤務先へ電話するだけのほんの数分で終わる作業


なので時間もコストもかからないわけです。勤務しているという事実確認だけですので電話連絡の際、仮に不在で本人と電話が繋がらなくても事実確認できればそこで終了します。ただ、電話口にでた方が不信に思うかどうかは状況次第なので不安になるのは当然です。

 

ですが、プロミスであれば審査の最終段階である電話での在籍確認を回避できる別の方法を相談できるので安心して審査を受ける事ができます。尚、この在籍確認の相談は申込内容の確認連絡の際に誰でも相談できますので利用条件付きのWEB完結よりもおすすめです。

在籍確認が相談できるプロミスの無利息期間サービス
申込 無利息期間 実質年率 借入可能額
プロミス 初回30日無利息サービス 年4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 初回30日無利息サービス 年4.5%〜17.8% 最高500万円

※ メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可

 

 

短期完済できるならプロミスの30日間無利息サービスを利用しない手はありません。


また、大手消費者金融のカードローンを利用する場合に気になるのが金利です。プロミスの上限金利は大手消費者の中では17.8%という最も低い金利を設定していますが他の大手消費者金融の上限金利との差は0.2%と比較する程の違いはありません。

 

ですが、銀行カードローンの上限金利との差になると気にしないではいられません。プロミスに限らず他の消費者金融の上限金利は

 

 

利息制限法で定められている100万円以下の上限金利18%を基準に設定しています。


一方の銀行カードローンの上限金利の多くは14.0%〜15.0%を基準として設定していますので消費者金融の上限金利とは3.0%〜4.0%の金利差がありますので金利だけを注視すると誰もが銀行カードローンに申込たくなるのは当然のことです。

 

ただ、プロミスの30日間無利息サービスを利用するなら話は別です。例えば、20万円の借入を90日後に完済した場合、

  • プロミス・・・200,000×0.178÷365×(90-30)=5,852
  • 銀行カードローン・・・200,000×0.140÷365×90=6,904

完済するまでに支払う利息がプロミスで5,852円、銀行カードローンで6,904円となりますので

 

 

完済できる期間によってはプロミスを利用するほうがお得なわけです。


因みに120日後に完済した場合でもプロミスの利息が8,778円で銀行カードローンの利息が9,205円となりますのでプロミスがお得です。但し、30日間無利息サービスを利用できるのはプロミスの利用が初めてでEメールアドレスの登録とWEB明細の利用が条件となります。

即日振込融資ができるおすすめの大手消費者金融
申込 即日振込 即日カード発行 金利 借入可能額
プロミス 所有の金融機関の口座に可能※1 可能(自動契約機約1,700台あり) 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 所有の金融機関の口座に可能※1 可能(自動契約機約1,700台あり) 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 所有の金融機関の口座に可能※1 可能(自動契約機約1,109台あり) 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円
SMBCモビット 所有の金融機関の口座に可能※2 可能(自動契約機約435台あり) 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円

※スマートホンではタップしてスライドで表が見れます。
※1 平日14:00までにオンライン契約完了の場合
※2 平日14:50までに振込手続き完了の場合

 

 

プロミスの得意とする即日融資サービスをフル活用してオンライン契約後自動契約機で即日カード発行して即日融資を受ける方法がおすすめです。


プロミスでは即日融資を受ける方法がいくつかあります。

  • 自動契約機の即日カード発行によるATMからの借入
  • インターネットでの振込キャッシングによる即日融資

自動契約機の即日カード発行による即日融資のおすすめポイントは土日祝日でも稼動していることから稼動している時間内にカード発行できれば土日祝日の申込当日にATM機より借入が可能になる点ですが、自動契約機が設置されている場所によっては不便な面もあります。

 

インターネットでの振込キャッシングによる即日融資のおすすめポイントはネット環境さえあれば場所に関係なく手続ができる点ですが、

 

 

通常の振込キャッシングでは平日の14:00までに契約を完了しておく必要があり、土日祝日の場合は実施できません。


また、振込キャッシングの手続は会員サイトへログインする情報が必要となりますので事前にオペレーターに伝えておく必要があります。ただ、プロミスには24時間受付可能で受付完了から最短10秒で振込を実施してくれる『瞬フリ』という嬉しいサービスがありますが、

  • 三井住友銀行の口座
  • ジャパンネット銀行の口座

に限定されていて同じく会員サイトへログインして手続する必要がありますので、所有している銀行口座に左右されることなく即日融資を受けるには自動契約機での即日カード発行による借入しかありませんのでインターネットで申込んで

 

 

オンライン契約成立まで(審査結果連絡待ち)の時間を自動契約機までの移動時間にあてれば時間を無駄なく利用して即日融資を受けることができます。


確かに三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を所有している方なら『瞬フリ』を利用するのがベストな方法かもしれません。

プロミスの『口フリ』で確実返済
登録銀行口座 申込手続 返済期日 振替手数料
三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座 プロミス会員サービスにログイン 5日、15日、25日、末日から選択 なし
上記以外の銀行口座 プロミス会員サービスにログイン 毎月5日 なし

※スマートホンではタップしてスライドで表が見れます。

 

 

プロミスでの返済方法のおすすめは口座振替『口フリ』です。


プロミスの返済方法には

  • ATMからの返済
  • インターネットバンキングによる振込返済
  • 口座振替『口フリ』による返済

等の方法がありATMからの返済方法は提携ATMの利用手数料はかかるもののプロミスATMと三井住友ATMの利用は無料なのでこれといって問題はありません。インターネットバンキングによる振込返済についても振込手数料は無料で利用手続こそ必要になりますが

 

 

ATMによる返済及びインターネットバンキングによる返済のいずれもがネックとなるポイントは「うっかり返済忘れ」をする可能性があるという点です。


尚、プロミスでは毎月の約定返済日を5日、15日、25日、末日のいずれかから選ぶことができますが、返済を実行するのは自身の意志で行わなければいけませんので忘れる可能性がないとはいいきれませんが、口座振替であれば自動で引落してくれますので

 

 

『口フリ』の登録口座の残高さえ管理していればうっかりミスによる滞納は防げます。


プロミスで融資を受けるにしても重要となるのは滞納せずに確実に返済していくということです。『口フリ』で毎月確実に約定返済額を返済して余裕があればATMやインターネットから追加返済していくのがベストな返済方法です。

プロミスのおすすめできないポイント

プロミスのスペック・申込条件等からおすすめできない理由
名称 金利 限度額
プロミス 4.5%〜17.8%(実質年率) 500万円まで
申込可能年齢 収入証明書 保証会社
年齢20歳以上69歳以下 希望借入額が50万円を超えるor希望借入額と他社での借入残高の合計が100万円を超える SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
専業主婦 パート・アルバイト 学生
×

プロミスへの申込資格は本人に安定した収入がある事が条件となっていますので年齢が20歳以上の安定したアルバイト収入のある学生であれば申込むことができます。尚、主婦の方や独身の方でも安定したアルバイト収入やパート収入があれば申込むことは可能です。

 

プロミスは消費者金融であることから貸金業法の総量規制で収入証明書の提出が上記の条件で義務づけられていますが、学生や主婦に実際に融資できる額では原則収入証明書の提出を求められる事はないですが、稀に提出を求められる事もありますので指示に従ってください。

 

 

パートやアルバイトによる安定した収入のある主婦や学生の場合は臨時的に必要なお金や少額のお金を借りたい時にプロミスに申込むのがおすすめです。


基本的にプロミスでは与信の低い属性の方でも申込むことはできますが、返済能力から考えて30万円を超える利用はおすすめできません。というよりも審査を通過できるかという問題になりますね。

 

また、プロミスに限った事ではありませんが大手消費者金融の利用限度額というのは現実的でないことを理解しておくべきです。例えば、プロミスで500万円の融資を希望した場合、最低でも年収1,500万円は必要となるからです。貸金業法に総量規制が導入されて以来、

 

消費者金融で貸付可能となる額は年収の3分の1までと定められているからです。なので、本人に安定した収入がない

 

 

専業主婦は申込不可能なのでおすすめできません。


また、消費者金融では総量規制の例外となる配偶者貸付なる貸付を行うことはできますがプロミスを含め大手消費者金融では取扱っていませんので専業主婦の方は申込可能となる銀行カードローンをおすすめします。

最短即日融資可能な専業主婦向け銀行カードローン
申込 即日融資条件 金利 専業主婦借入可能額
スルガ銀行リザーブドプラン 所有の口座に最短即日融資 年3.9%〜14.9% 最高30万円

※スマートホンではタップしてスライドで表が見れます。

プロミスの借入方法でのおすすめできない理由

 

プロミスには金利表がありません。


プロミスでは銀行カードローンのような各借入枠に対しての適用金利が記された金利表がありませんので事前にある程度、適用される金利が予測できる金融機関から借りたい場合はプロミスでは利用しないほうが良いかもしれませんね。

 

また、借入れ方法については前述した通り、即日融資に特化した借入方法がプロミスでは準備されていますので通常の借入については特におすすめできない点は見当たりません。尚、プロミスATM及び三井住友銀行ATMの利用には手数料が無料ですが

 

 

提携ATMの利用では取引金額に応じて手数料が発生します。


提携ATM利用手数料
取引金額 借入利用 返済利用
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円
プロミスの返済方法でのおすすめできない理由

プロミスの返済方法には前述の通り、インターネットバンキングを利用した返済、口座振替(口フリ)による返済、ATMによる返済が代表的な返済方法ですが返済方法で強いておすすめできない返済方法を挙げるとすれば利用手数料が必要な提携ATMの利用による返済です。

 

口座振替による返済やインターネット返済の場合には手数料がかかりません。尚、口座振替は登録不可能な金融機関では利用できません。

 

 

利用できるインターネットバンキングは三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行です。


プロミスの約定返済額ですが、一見高額のように思えますが約定返済額通り返済していけば、下記の返済回数を超えることはありません。銀行カードローンの約定返済額の多くは少額で毎月の返済額も無理のない設定になっていますがどちらの設定が良いとはいえません。

 

ただ、プロミスと他の消費者金融や各銀行カードローンの約定返済額に違いはありますが余裕のある時は随時返済も行っていくべきです。

プロミスの約定返済額
借入残高返済額返済回数
30万円以下お借入後残高×3.61%(1,000円未満切り上げ)〜36回
30万円超過〜100万円以下お借入後残高×2.53%(1,000円未満切り上げ)〜60回
100万円超過お借入後残高×1.99%(1,000円未満切り上げ)〜80回

※銀行名※の会社情報

商号SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(英訳名 SMBC Consumer Finance Co., Ltd.)
設立1962年(昭和37年)3月20日
資本金140,737百万円
株主株式会社三井住友フィナンシャルグループ新しいウィンドウを開きます 100%
決算期毎年3月 年1回
本社所在地〒104-0061 東京都中央区銀座四丁目12番15号 アクセス
TEL:(03)3543-7100(代)
事業内容貸金業・保証業 事業のご紹介
登録番号関東財務局長(12)第00615号
従業員2,240名(男性1,250名、女性990名)
(2016年3月末現在) 平均年齢 38.9歳
加盟団体日本貸金業協会新しいウィンドウを開きます
(社)日本クレジット協会新しいウィンドウを開きます
(社)日本経済団体連合会新しいウィンドウを開きます
店舗・チャネル
(2016年3月末現在)
1,069店
お客様サービスプラザ(有人店舗):18
自動契約機店舗(無人):1,051
自動契約機:1,102
自社ATM:1,088
提携CD・ATM:76,777
提携コンビニストア:25,233
編集部のおすすめカードローンを一発検索